« 2005年10月 | メイン

2005年11月01日

中国大連企業視察(1)大連ソフトウェアパーク

10月27日~30日中国ソフトウェア企業視察のため大連に行ってきました。


大連ソフトウェアパーク 10月28日(金)に大連ソフトウェアパークをはじめ4つの企業を訪問しました。ここでは大連ソフトウェアパーク(大連軟件園 Dalian Software Park)についてご報告いたします。


■ 先ず大連の産業事情についてご説明します。
大連は中国を代表するソフトウェア産業都市であり、また日本向けの産業が盛んな都市でもあります。日本向けの業務を行うコールセンターやソフトウェア会社が多数あります。

その理由をご説明します。

--- 以下、大連ソフトウェアパークのパンフレットを一部抜粋・変更して引用させていただきました ---

1つは大連は中国で最初かつ唯一の「ソフトウェア産業国際化モデル都市」と認定されるなど、政府の強いバックアップを受けていることが挙げられます。
2つ目は日本と歴史的に深いつながりがあり、日本語人口が多いという特徴があります。地理的にも中国の中で最も日本に近く、人材基盤も最良の日本語学習環境を持ち、中国一流の日本語教育基地である大連外国語大学があります。そのため日本語を話せる人材が非常に多く、また日本でのソフトウェア開発経験を持つエンジニアが数多くいることが、日本向け産業の盛栄を支えている要因です。

--- 以上、大連ソフトウェアパークのパンフレットより引用 ---


■ 次に大連ソフトウェアパーク(以下DLSPと略称させていただきます)の視察の内容をご報告いたします。

ホテルのある大連市人民路からバスで移動すること約40分ほどでDLSPに到着しました。サービスセンターにて大連ソフトウェアパーク 日本業務総監の三上 吉彦氏(http://www.osk.3web.ne.jp/logos/china/)と、プロジェクトマネージャの岳(がく)さんという若い女性スタッフのお二人から説明を受けました。

三上さんは日本企業を60歳で定年退職後、大連に来られDLSPでお仕事をされているとのことです。岳さんは大連外国語大学で日本語を学ばれ、教師の仕事を経て現職に就かれたそうです。

サービスセンターに入るとドーム状のホールに、受付とソフトウェアパーク全体の模型図があります。模型図を見ながらパーク全体の説明をしていただきました。その後会議室に移って説明と質疑応答をしていただきました。

□ 説明の内容を簡単に列記させていただきます。

 親会社は億達(億達集団有限公司?)であること。
 7年前(1998年)にスタート。
 現在250~260社が入居。そのうち40~50社が日本企業。
 グローバル企業500社のうち16社が入居している。
 主な入居企業の紹介
  NEUSOFT(東軟ソフト)
  アクセンチュア 日本向け
  GEのコールセンター(日本向け)
  SAP
  住友電装
  NEUSOFT & HP(合弁)のソフト開発センター および コールセンター
 敷地の広さ約3k㎡
 労働者および学生の数 1万5千~6千人

以上が第1期プロジェクト(今回訪問した場所)についてのご説明で、第1期はほぼ完成したとのことです。
現在は旅順南路の広大な敷地に第2期プロジェクトの建設を進めているとのことです。


□ 次に質疑応答の内容を簡単に記します。

質問1)入居の費用は?
回答)1日1㎡当たり2元(約30円)
※ 具体的に入居を検討される場合、費用の金額につきましては念のためご自身で再度ご確認ください。(IT屋もりた 注記)

質問2)中国国内および国外の他のソフトウェア開発地区と比較した場合、大連の優位性、差別化にはどのような点がありますか。
回答)中国ではソフトウェア産業の育成・振興を図るため、1983~1984年頃より国家レベルでのプロジェクトを立ち上げ取り組んできた。その結果中国には現在11ヶ所の「国家級ソフトウェア産業基地」と5つの「国家ソフトウェア輸出基地」があり、大連はその両方に数えられている。
 1.上海、北京、大連を比較すると、それぞれに特徴がある。
  上海・・・米国など海外資本の誘致に積極的である
  北京・・・(1)携帯電話向けソフト開発に強い (2)北京大学、清華大学など優秀な人材の供給がある
  大連・・・日本語の出来る人材が数多い
 2.コスト(人件費)の比較
  上海を1として比較すると
   上海      ・・・   1
   北京      ・・・   1
   大連      ・・・0.7~0.8
   西安、成都  ・・・0.5~0.6
   インド バンガロール・・ 1
 3.大連の現在とこれから
  (1)現在、大連に進出している日本企業約250社、常駐している日本人約3,000人。
  (2)今後は、日本企業が大連に進出したり、大連の中国企業と取引する目的・メリットが変わってくると思う。
    今迄は、「安い労働力」が目的だった。
    これからは「優秀な人材の調達・確保」が目的になると思う。
      大連のある中国東北部3省(遼寧省、吉林省、黒龍江省)には1億3,000万人の人口(日本の人口とほぼ同じ)が控えている。その中から選ばれた優秀な人材をさらに教育する機関として、東北大学、吉林大学、ハルピン工業大学をはじめとした数多くの大学がある。(以下、IT屋もりたによる注記:大連には大連外国語大学、大連理工大学、大連海事大学、大連医科大学、東北財経大学などがあります。またDLSP内には東軟集団(NEUSOFT)が作った東軟情報大学があります。)


以上が説明および質疑応答の概要です。


□ この後、バスに乗ってパーク内を案内していただきました。バスの中からの説明でしたので、写真のみ掲載します。

サービスセンター 外観
サービスセンター 外観
サービスセンター内 受付
サービスセンター内 受付
創業センター(1号館)
創業センター(1号館)
NEUSOFT(東軟集団)
NEUSOFT(東軟集団)
NEUSOFT(東軟集団)
NEUSOFT(東軟集団)
NEUSOFT(東軟集団)
NEUSOFT(東軟集団)
億達日平機床有限公司
億達日平機床有限公司
日平トヤマ(日本)と億達集団有限公司(中国)の出資による機械メーカー。自動車エンジン生産用専用機を主力製品とする。
科技ビル(2号館)
科技ビル(2号館)
科技ビル(2号館)
科技ビル(2号館)
パーク内は片側2車線道路
パーク内は片側2車線道路
東北大学東軟情報学院
東北大学東軟情報学院
東北大学東軟情報学院
東北大学東軟情報学院



大連ソフトウェアパーク視察の感想を最後に述べさせていただきます。

自然豊かな広大な敷地に、世界有数のIT関連企業が一堂に会しているのを目の当たりにし、ここに来れば情報技術に関する世界の最先端情報を一度に入手でき、最良の仕事が出来ることを実感いたしました。

また説明に当たられた三上さんの柔和なお人柄と、岳さんの堪能な日本語にホッとした安堵感を覚えました。お二人のコンビネーションのよさも来客者を安心させるのではないかと思います。再び大連を訪れる機会があれば、ぜひDLSPにもう一度来たいと思います。


以上、大連ソフトウェアパークの視察についてのご報告とさせていただきます。

投稿者 もりた : 12:10 | コメント (0) | トラックバック